こんにちは!こんばんは!今回も知っておきたい発達障害に関するノウハウや情報を提供させていただきます!本日は「頭の中で音楽が流れる 発達障害」についてです。

この記事を見ている方も、「頭の中で音楽が流れて止まらない!」という経験が1回くらいはあるのではないかと思います。

今回は、「頭の中で音楽が流れる」という現象と発達障害についてご紹介していきます。

頭の中で音楽が流れる現象は発達障害が原因?

頭の中で音楽が流れる現象は誰でも経験する

結論から言いますと、頭の中で音楽が流れる現象は発達障害が原因とは言えません。


発達障害との関係などの詳しいことは解明されていませんが、頭の中で音楽が流れる現象は多くの人が経験していることがわかっています。

ですから、この現象が続くから発達障害であるというのも間違いです。

イヤーワーム

ずっと頭の中で音楽が流れて止まらない現象のことを、イヤーワームといいます。


イヤーワームは数分後には聞こえなくなる場合、数日・数年続いているという人まで様々なケースがあります。

「ディラン効果」(曲の一部分が長時間頭の中で繰り返されること)と大体の意味は同じですが、現実には鳴ってない音が聴こえる音楽幻聴とイヤーワームは同じではありません。

イヤーワームになりやすい人

  • 女性
  • ストレスを感じている
  • 音楽に触れる機会が多い
  • 強迫性障害

上記の人がよりイヤーワームになりやすく、不快感を感じやすいと言われています。

女性

男女で頻度の差はありませんが、女性の方が長い間、頭の中で音楽が流れ続けます。そして不快感が大きくなる傾向があると言われています。

強迫性障害

強迫性障害とは

「火を消したか不安になり、何度も家に戻ってしまう」など、何回確認しても不安がなくならず、日常生活に支障が出る症状のこと

イヤーワームに関係する本

音楽嗜好症

参考価格:¥1188-(送料無料-) 楽天ブックス 2021年3月3日現在

音楽嗜好症の口コミ

・音楽(主にクラシック)の素養があるともっと理解が深まるかもしれないが、さほど素養が無い私の様な読者でもYouTubeなどで動画を見ながら読むとより一層楽しめた。

楽天ブックスレビュー

頭の中で音楽が流れることでおきる悩み

イヤーワームはいつ起きるかわからず、自分の意思で止めることもできません。

そのためイヤーワームが長時間続くことで、「寝つけない」「集中できない」「イライラする」などの悩みが出てくる場合があります。程度の問題なので、日常生活に支障がなければ心配し過ぎず、音楽を楽しむのも一つの方法でしょう。

しかし他のことに支障があり、悩みがずっと続くと疲れてしまいそうですよね。実際、発達障害があり疲れやすいお子さんもいらっしゃいます。

▼発達障害のお子さんは疲れやすいことが気になる場合はこちらの記事も併せてお読みいただくと、解決の一助になるかと思います。

イヤーワームについて発達障害の人の悩み

YouTube「脳内BGMがうるさい【イヤーワーム】【発達障害(ADHD・ASD)あるある】」

イヤーワームという現象の説明からしてくれる動画です。

「脳内のBGMによって身体が動いてしまう」などイヤーワームによる行動への影響も紹介されています。
発達障害のお子さんの行動も「そんな風に捉えていたのか!」と理解するヒントがあるかもしれません。

お子さんの「ひとりごと」が多いと感じている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
体でリズムをとっていたり、フレーズを口ずさむことが多いようなら、イヤーワームが原因かもしれませんね。
イヤーワームを止める方法は後ほどご紹介します。

▼「ひとりごと」について困っていて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

YouTube「ADHDの脳内が面白すぎた♪頭の中を解説します!【アニメ】」

こちらはイヤーワームに関しての悩みではありませんが、ADHDの人がどんなことを考えているのかについてわかりやすいく説明されている動画です。

イヤーワームを起こしやすい音楽の特徴

  • テンポが速い
  • シンプルな曲
  • 特徴的な曲

上記の特徴を持つレディー・ガガの「バッド・ロマンス」やクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」のような曲が、イヤーワームを起こしやすいということが研究によってわかっています。

どんな感じの曲なのか興味があるという方は、頭の中で流れ続けてしまうかもしれませんが動画を見てみてください。

YouTube レディ―・ガガ「バッド・ロマンス」

YouTube クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」

頭の中で流れる音楽を止める方法

8時間以上眠る

ストレスを解消し、肉体的にも精神的にも調子の良い状態を保つため、8時間以上休むようにしましょう。

他のことに集中するために読書や運動をする

イヤーワームは頭を使っていない時に起こりやすいので、他のことに集中することで消える可能性があります。

ガムを噛む

ガムを嚙んでいる時と噛んでいない時。
2つの状態を比べると噛んでいる時の方が、音楽が流れる頻度・時間とも減ることがわかっています。

クスリと笑ってしまうような感想ですが、こんな呟きも見られます。共感する方は他に紹介している改善法を試してみてください。

深呼吸をする

ストレスを感じると、呼吸は浅くなってしまいます。
意識して深呼吸することで、リラックスしてイヤーワームが減ったという人もいます。

他のことに意識を向けるために言葉の並び替えをする

単語や文章の文字を並び替えて「みんか」→「みかん」のように、別の意味にさせるアナグラムをすることで、イヤーワームが落ち着くことがあります。

アナグラム

言葉遊びの一つ。上記の「みんか」→「みかん」のように、単語または文の文字をいくつか入れ替え、全く違う意味にさせる遊びです。

他の音楽を聴く

avatar
薄波
頭の中に音楽が流れているのに、更に音楽を聴くと良いのでしょうか?

簡単に言うと、他の音楽で頭の中の音楽を相殺する作戦です。
また、頭の中で流れても良いような、癒される音楽を聴くようにすると不快感を減らすことができます。

ハープの音色は優しく、頭の中で曲が流れても不快感が少ないと思います。

YouTube 疲れた時に聴く、癒しのハープ音楽メドレー【リラックスBGM】作業用・勉強用・集中用にも!

おススメのCD スリーピング ハープ~心を整えて眠るための音楽~

参考価格:¥2,44-(送料無料-) 楽天ブックス 2021年3月3日現在

口コミ

とても素敵な曲ばかりで穏やかな気持ちになれます。なかなか寝付けない方、オススメです。

楽天ブックスレビュー

ストレスを発散する方法

  • 外に出て運動をする
  • 8時間以上寝る
  • お風呂にゆっくり入る
  • ペットと触れ合う時間をたっぷりとる
  • 趣味の時間をつくる

外に出るのが好き、家の中での活動の方が好きなど、自分に合った方法でストレスを発散するようにしましょう。

まとめ

頭の中で音楽が流れる現象「イヤーワーム」についてご紹介しました。

頭の中で音楽が流れる現象は発達障害が原因とは言えず、しっかりとした治療法もわかっていないので、上手に付き合っていくしかありません。
この記事でご紹介した対処法を、是非試してみてください。

ずっと音楽が流れていて、他のことに支障がでるというほどでなければ、あまり気にせず音楽を楽しむのも1つの手段だと思います。