avatar
京本
こんにちは!こんばんは!今回も知っておきたい発達障害に関するノウハウや情報を提供させていただきます!本日は「自閉スペクトラム症(ASD)」についてです。
avatar
薄波
最近、自閉スペクトラム症(ASD)をよく耳にするけれど、どういった障害なのかよく分からない…
avatar
京本
自閉スペクトラ症(ASD)がどういった障害なのか分かりやすくお伝えしますね。

本記事では、自閉スペクトラム症(ASD)とはどのような障害なのか、ウィングの3つ組を参考に解説します。また、治療法や二次障害についても詳しくお伝えします。

自閉スペクトラム症(ASD)について知りたいという方はぜひ最後まで読んでみてください。

自閉スペクトラム症(ASD)

最近よく耳にする「自閉スペクトラム症(ASD)」ですが、どのような特性があるのでしょうか。

イギリスの精神科医であるローナ・ウィングは、自閉スペクトラム症を3つの特性であらわしました。ウィングの3つ組と呼ばれるものです。順番に解説します。

①社会性の問題

私たちは物心ついたときから、集団(学校、職場、習い事など)で生活します。自閉スペクトラム症(ASD)を持っていると、対人関係に支障をきたすことが多いとされます。

②コミュニケーション能力の問題

相手に合わせてコミュニケーションを取るのが難しいです。話が噛み合わない、うまく話せない、冗談が通じないなど。

③想像力の問題

物事を想像することが難しいです。相手の意図を見抜いたり、相手の気持ちを考えたりするのが苦手とされます。また想定外のことが起きると、冷静な判断ができず、混乱してしまうことが多いです。

ウィングの3つ組以外の特性

自閉スペクトラム症(ASD)には、ウィングの3つ組「社会性、コミュニケーション、想像力」以外の特性もいくつかあります。

こだわりが強い、運動が苦手、興味の幅が狭い、臨機応変な対応が苦手、集中しすぎてしまう(過集中)など。

感覚過敏といって、偏食がひどい、音に敏感、触られるのが苦手という症状があらわれることも多いです。

「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」などの、諸感覚がとても敏感になっている状態を「感覚過敏」といいます。

たとえば、視覚がとても敏感であるときは「視覚過敏」、聴覚がとても敏感であるときは「聴覚過敏」という名前がついています。五感の他にも、平衡感覚の過敏や、温度感覚の過敏もあります。

感覚過敏研究所

人によって差がある

これらの特性(症状)は人によって差があるため、同じ自閉スペクトラム症(ASD)でも全然違うようにみえることもあります。

自閉スペクトラム症(ASD)があるからといって、必ずしもコミュニケーション能力が劣っているわけではありません。コミュニケーションに問題はないという方もいます。

また、運動は苦手で家に引きこもってしまうイメージが強いかもしれませんが、スポーツが好きで得意な自閉スペクトラム症(ASD)もいるのです。

そのように、自閉スペクトラム症(ASD)は、見た目はふつうで、症状も人によって差がありますが、生きづらさを感じることは共通して多いといえます。

自閉スペクトラム症(ASD)について詳しく知りたい方は、下記の動画を参考にしてください。

自閉スペクトラム症(ASD)は治るのか?

自閉スペクトラム症(ASD)を治すことはできるのでしょうか。

2020年12月現在、自閉スペクトラム症(ASD)を治す薬はありません。治療法といえば、食事療法や療育、カウンセリングなどがあげられますが、必ずしも症状がよくなるとは限りません。

自閉スペクトラム症(ASD)は、生まれ持った障害です。そのため、定型発達の人が突然、自閉スペクトラム症(ASD)になることはありません。

二次障害が起きやすい

自閉スペクトラム症(ASD)を持っていると、対人関係がうまくいかなかったり、集団に馴染めなかったりして、生きづらさを感じることが多いです。その結果、二次障害が起きやすい状態になってしまいます。

よくある二次障害をあげます。

  • うつ病
  • 引きこもり
  • 対人恐怖症
  • 強迫性障害

など。

また、ストレスを抱えやすいため、身体的な症状(眠れない、頭が痛い、お腹の調子が悪い)に悩まされることも多いといわれています。

このような二次障害で悩んだら、環境を変えてみることをおすすめしますが、ひどい場合は医師や専門家に相談してみましょう。

まとめ

今回は自閉スペクトラム症(ASD)についてお伝えしました。

自閉スペクトラム症(ASD)を治す薬はなく、二次障害も起こりやすいです。

そんな自閉スペクトラム症(ASD)の方と接するとき、私たちはどうすればいいのでしょうか。特別扱いはしないけれど、特性(個性)を認めてあげて、何か困りごとがあったら聞いてあげる、一人の人間として誠実に向き合うのが私は大切だと考えています。